お知らせ

統合のお知らせ

投稿日:
2015年06月05日
投稿者:
ishii@ukkc

拝啓

貴殿ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。

平素は格別のご高配を賜り 厚くお礼申し上げます

UKKC運行管理教育センターは更なる教育事業拡充を目指し、一般社団法人国家資格対策センターグループに統合いたしました。

何卒より一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます
敬具

【News】法人売上高、運輸は3位

投稿日:
2015年04月30日
投稿者:
ishii@ukkc

政府は24日、2015年版の小規模企業白書を閣議決定した、事業者の構造分析によると、小規模な運輸・郵便業の業界全体の売上高は4兆2601億円で、1社当たりの平均は7705万円。法人単位では1億1853万円と業種別で3番目に多かったが、個人事業者は519万円で、13番目となった。一方、生産額から原材料などをの中間投入額を差し引いた「付加価値額」は2310万円だった。また、事業者数は5万5287社で、従業員数は38万7135人。それぞれ全体の1.7%、3.2%にとどまったが、1社当たりの従業者は7.0人と、業種別で3番目に多い。雇用に関する調査では、常用雇用している企業が63%あることがわかった。

【News】車両総重量3.5トン以上、7.5トン未満の貨物自動車の「準中型」免許新設

投稿日:
2015年02月20日
投稿者:
ukkc

政府が通常国会に提出する予定の法案50件の見通しが6日分かった。警察庁は、車両総重量3.5トン以上、7.5トン未満の貨物自動車を対象とした準中型自動車免許の新設と、75歳以上の運転者への臨時の認知機能検査制度を導入する道路交通法の一部改正案を今月下旬に提出する。準中型免許は、最大積載量2トンの小型トラックが近年、保冷設備の架装などにより、普通免許で運転できないことを受け創設。3.5~7.5トンの小型トラック対象の新区分を設け、取得できる年齢を18歳にする。一方、3.5トン以上の車両の事故件数が、3.5トン未満(乗用車)と比べ多い状況を踏まえ、公安委員会が行う準中型自動車の運転及び応急救護処置に関する講習を受けなければならない。(平成25年2月12日物流ニッポン掲載)

運行管理者試験センター第2回試験が3月1日に実施

投稿日:
2014年10月16日
投稿者:
ukkc

運行管理者試験センター(永井正夫会長)は7日、今年度第2回の試験を2015年3月1日に実施する、と発表した。試験概要や手続きなどを解説した申請書の頒布と申請受付の期間は、14年11月21日から12月12日まで。インターネットによる申請は12月19日まで受け付ける。15年度第1回の試験予定日は8月に行われた今年度第1回の貨物部門の受験者は2万5501人に対し、合格者は3674人で合格率は過去最低の14.4%だった。

【10月1日トピックス】

投稿日:
2014年10月01日
投稿者:
ukkc

国土交通省が9月2日に発表した6月分のトラック輸送情報によると、特別積合せ貨物(24社集計)の総輸送量は、前年同月比0.3%増の511万9536トンで、宅配便(14社集計)の扱い個数は1.1%増の2億9243万8000個だった。一般貨物(回答事業者数828社)の輸送量は、前年同月比1.1%増となった。